大規模環境への対応など、待望の最新版「SS1 ver.9」新登場!


2017年9月11日、「System Support best1(SS1)」の最新版、「SS1 ver.9」がリリースされました。最新の「ver.9」では、大規模環境でのパフォーマンス向上や情報漏洩対策の機能強化を通じて、快適・安心なIT資産管理をご支援いたします。

v9_01.png

大規模環境でのIT資産管理がさらに快適に

データ取り込み方法の改善やログ収集時の最適化処理により、管理クライアントや管理サーバーのパフォーマンスを改善し、大規模なクライアント環境におけるIT資産管理の快適性が向上しました。

ss1v9_img01.png

共有型のファイル配布でトラフィックの負荷を軽減

ポリシーファイルやパッチなどのファイルを管理対象PCに配布する際の仕組みを改善し、大規模環境においても効率的なポリシー配信、ファイル配布を実現。トラフィックの軽減にも効果を発揮します。

ss1v9_img02.png

WSUSと連携し、Windows更新プログラムの適用管理を効率

Windows Server Update Services(WSUS)と連携し、Windows更新プログラムを適用する対象機器やタイミングを詳細に指定できます。適用管理業務を効率化し、セキュリティレベルを維持します。

ss1v9_img09.png

重要データフォルダへのアクセス監視・制限が可能

顧客情報などの重要なデータが入ったフォルダに対し、アクセス制限を設定することができます。アクセスを監視するフォルダはネットワーク上だけでなく、管理対象PCのローカルドライブにも設定できます。

ss1v9_img03.png

禁止されたフォルダにアクセスがあった場合、管理者への通知と、ユーザーへの警告メッセージが表示されます。

ss1v9_img04.png

フォルダへのアクセスを許可するアプリケーションを設定することが可能です。 マルウェアなど、許可外のアプリケーションからのフォルダアクセスを制限することで、不正なアクセスを防止します。

ss1v9_img05.png

MobiConnectとの連携により、モバイル端末とPCの一元管理を実現

「MobiConnect(モビコネクト)」との連携で、スマートデバイスを含めたIT資産管理を効率化できます。MobiConnectで収集したモバイル端末情報と、SS1が収集したPCなどのIT機器を一元管理が可能です。

ss1v9_img11.png

今回は、特に注目の新機能を抜粋してご紹介いたしました。
その他の機能強化など、詳細は下記もあわせてご覧ください。

●「SS1ver.9」の詳細はこちら

前へ

SS1ユーザー様が活用事例をご講演!「System Support Day 2017」開催レポート

次へ

日経BP主催「ITpro EXPO 2017」出展レポート