初開催!「関西教育ITソリューションEXPO」出展レポート


皆さまこんにちは!新入社員こっぺです。

2017年11月15日(水)〜11月17日(金)、インテックス大阪にて
「関西教育ITソリューションEXPO」が開催されました!
教育現場のICT が加速する中、タブレットPC やデジタル教材の導入、教員の実務効率化、大学改革・グローバル化など、新しい学校教育を形作るためのさまざまなソリューションが一堂に会する展示会です。

弊社はもちろん、IT資産管理ソフトSS1を出展いたしました。

多くの皆様にご来場いただき、おかげさまで、無事3日間の会期を盛況のうちに終えることができました。
今回はそちらの模様をレポートいたします。

edixk_photo1.png

(開場前、準備中...ドキドキ...)

関西初!教育ITソリューションEXPO開催

edixk_photo2.png

どうも。お初にお目にかかります、第1回関西教育ITソリューションEXPOでございます。
どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

という冗談はさておき...

今回出展した関西教育ITソリューションEXPOですが、元来、東京のみで開催されていた展示会でした。
(東京開催は来年で第9回目!もちろん、ディー・オー・エスも出展予定ですよ~)

ICT化が進む教育機関において、ITに関する課題解決は喫緊の課題。
関東に限らず、展示会で身近にソリューションをみたい!というニーズの高まりから、
今年、大阪で初開催されることになったのです!

edixk_photo3.png

北は北海道から、南は沖縄まで!関西に限らず、遠方からも多くのお客様が来場されました。

edixk_photo4.png

いつもとは違うカウンター型のブースレイアウト!SS1ブースにも多くのお客様が来てくださいました。

教育のICT化が進む!学校の情報資産を守るために。

ディー・オー・エス、またまたセミナー講演しちゃいました!

edixk_photo5.png

(展示会場内に設置されたセミナースペースで、ふらっと立ち寄れる!)

会期2日目、「学校の情報資産を守るために~IT資産の「見える化」からはじめよう~」と題した、
無料の公開セミナーを実施しました。

現在、教育機関においては新しい学習指導要領が実施され、
プログラミング教育の必修化やデジタル教科書の導入など情報教育の充実が進んでいます。

教室でタブレット端末、コンピュータ端末を利用するための環境を整えている、
または導入を検討している、という教育機関も多いのではないでしょうか。
(こっぺの学生時代には無かったなぁ...)

また、文部科学省からは「ICT環境整備に関するまとめ」や
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイトライン案」などの重要な指針が、次つぎと発表されております。

そこでは、校務系のネットワークを含む総合的な観点での ICT 環境整備の検討と推進も求められているため、
多忙な教育機関の情報システム担当者様の負担が増え、頭を悩ませていらっしゃるのではと思います...。

edixk_photo6.png

とあるセキュリティ機関の調査では、教育機関で発生した情報漏洩の90%以上がIT機器によるもの、
と報告されています。
今後は、生徒の個人情報や成績情報などの漏洩対策も強化する必要があります。

教育の質を上げるために、ICT化は必須。
しかし「必須」なのはそれだけではありません。

今回のセミナーでは、そんな教育機関における「必須」事項、
IT機器の管理=「IT資産管理」と「情報漏洩対策」についてご紹介させていただきました。

edixk_photo7.png

参加できなかった方は、下記のSS1オンラインセミナーをチェック!

●いつでもどこでもオンラインでセミナー受講「教育機関の事例で学ぶ 情報漏洩対策最前線!」

教育機関のIT資産管理ソフトへの反応

edixk_photo8.png

「PCの情報はExcelの台帳に1台1台、手入力してるんで大変なんです!」
「一般企業とは違い、管理されることへの理解が進まなくて困っている。」
「専用ソフトを導入したいとは考えているのですが、予算がとれなくて...」

というお話を多く伺いました。

SS1は低コストで導入しやすく、
ご提案に際してはご担当者様以外の検討メンバーへのフォローもお手伝いさせていただきます。

教育のICT化にあわせて、そろそろExcelでのPC管理から卒業しませんか?

IT資産管理に特化したSS1なら、基本となるIT資産管理から始めて基盤が整ってから、
USBメモリの使用制限をかけたり、操作ログを収集したりと、段階的に幅広く情報漏洩対策を強化できます。

●SS1はコストパフォーマンスが高い!だから導入しやすい!SS1の価格体系はこちら
●選べる機能体系で、やりたい管理を実現できる!SS1の機能一覧はこちら

皆さま、ご来場ありがとうございました!

edixk_photo9.png

(ノベルティは好評のSS1オリジナルかるじゃが!出展社の方にも人気でした笑)

この度は、多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。
心より御礼申し上げます!

また会場では、対応させていただくことができなかったご要望、ご質問等がございましたら、
下記「お問い合わせ」フォームにて、お気軽にお問い合わせください。

●SS1に関するお問い合わせはこちら

前へ

情報漏洩対策の基本はIT資産管理から。そのポイントを徹底解説!

次へ

突然舞い込むヘルプデスク業務...。その効率的な対応方法をご紹介