ビジネスをつなぐ「IT EcoSystem Forum」講演レポート


皆さん、お久しぶりです。新入社員こっぺです!
1月26日(金)、TKP大阪駅前カンファレンスセンターにて、日本ヒューレット・パッカード株式会社主催「IT EcoSystem Forum」が開催されました。
弊社も本フォーラムにて講演させていただきましたので、今回はその模様をレポートいたします!

ITEcoSystemForum_01.png


IT EcoSystem Forum とは...?

皆さん、IT EcoSystem Forumってご存知でしたか?こっぺは知ってますよ~~(今回参加させていただきましたので...)

まずは、IT EcoSystem Forumの「EcoSystem(エコシステム)」について簡単にご説明いたします。

EcoSystem=生態系という意味もありますが、ここでのEcoSystemは経営・IT分野の新語を指します。複数の組織がパートナーシップを組み、自分たちの得意とする領域の技術やノウハウ、知見を持ち寄って事業を発展させる。そして、業界の枠や国境を超えて、広く共存共栄していく仕組みのことを言います。

そして今回のIT EcoSystem Forum。
日本各地域のソリューションプロバイダー、ISV、販売店、そして日本ヒューレット・パッカード株式会社を結ぶEcoSystemの一環として開催されるフォーラムです。本フォーラムでは参加企業による講演を通じてEcoSystemによる協業事例やソリューションの情報共有がおこなわれます。

ITEcoSystemForum_03.png

(IT EcoSystemのフレームワークです!お客様の成功に貢献します。という文言が!いいですね~)

本フォーラムのポイントとしましては、まず提携先や販売先との関係を構築し、自社だけでは実現できない製品を開発・提供できるようなつながりができます。
離れた地域で活躍する企業とコラボレーションすることにより、販路を広げることもできるそうです!

さらに、これら賛同企業を日本ヒューレット・パッカード社がサポートしてくれます。1社では変えられない、実現できないことも、同社が別々の会社をひとつの組織のように結びつけ、目指すべき未来の実現への手助けをしてくれるということです。EcoSystemの事例紹介の中でも、「主催者側がここまでサポートしてくれるのは珍しい。」という声が上がるほど。

今回はそんな夢のようなフォーラムで、講演の機会をいただきました!

●日本ヒューレット・パッカード社「EcoSystem」についてはこちらから

IT EcoSystem Forumでの講演の様子をご紹介

ディー・オー・エスはこれまでもIT EcoSystem Forumで講演させていただいたことがあります。
今回の大阪開催では、トップバッターで講演いたしました!

ITEcoSystemForum_04.png

講演の冒頭では、IT資産管理が再注目されているということをお話ししました。

情報システムご担当の方から「IT資産管理ソフトは導入したいが、なかなか上層部からのOKがでない」というお話を伺ったこともあります。
IT資産管理ソフトはPCやサーバー、ソフトウェアなどを管理するだけでなく、セキュリティやコンプライアンスにも役立つのに、情報システムご担当の方以外は、その点が理解されにくい...と。
(現場での管理を楽にしたいから導入させてくれ、と言っているように聞こえてしまうとお悩みの模様...)

IT資産管理ソフトは、もちろん管理業務の負担が軽くなる製品ではありますが、それだけではないんです!

例えば、昨年世間を騒がせたランサムウェア「WannaCry」に関しては、適切にIT資産の管理をおこない、最新のセキュリティパッチを適用していれば被害を防ぐことができました。
さらに、IT資産管理ソフトでは会社の機密情報流出を防止するために、USBメモリやスマートフォンの使用を制限したり、不正なPCの操作を監視することもできます。

そのため、ランサムウェア被害などの脅威を身近に感じることになった今、以前はまだ重要性を理解されにくかったIT資産管理ソフトの価値が、情報システムご担当の方以外にも浸透し始めてきています。
この流れから、エンドポイントセキュリティ対策のひとつとして、IT資産管理ソフトへの注目が高まっています。多層防御という考え方も一般的となり、各組織のIT投資・予算も増加傾向にあるため、弊社でもIT資産管理に関するお問い合わせが増えてきています。

そこで、セミナー後半では、フォーラムにご参加いただいた皆さんに弊社が提供するIT資産管理ソフト「SS1」をどのように活用いただけるかもお話ししました!

●2017年流行したランサムウェアに関する記事はこちら
●セキュリティパッチ管理に関する記事はこちら

IT EcoSystem Forumは仲間との"出会いの場"

ITEcoSystemForum_05.png

(EcoSystem、ということでもちろん最新連携ソリューションのSS1 Risk Analyzerもご紹介!

IT資産をしっかり把握、管理していない状態でセキュリティ対策をとっても、どこかで漏れが発生してしまったり、中途半端になってしまいます。

「日頃から自社のIT資産を適切に管理して、セキュリティ対策を盤石にしていただきたい」
ディー・オー・エスでは、そんな思いを込めてお客様にSS1をご提案しています。

また、SS1は様々なソリューションとの連携にも積極的に取り組んでいるので、各社が提供されているセキュリティ対策製品とのセット販売も可能です。
新規営業のドアノックツールとしてや、ハードウェア導入提案の機会創出など、幅広くご活用いただけます!

今後はますます、本フォーラムで出会った方々や、エコシステムに賛同された方々と一緒に、お客様の課題解決に貢献していきたいです!
ご来場いただいた皆さん、当日はお忙しいところ、また雪の降り荒ぶ中、本フォーラムにお越しいただきまして誠にありがとうございました。

IT資産管理ソフト「SS1」にご興味をお持ちいただいた方は、是非お気軽にお問い合わせください。

●IT資産管理ソフト「SS1」に関するお問い合わせはこちら

前へ

御社の管理体制は大丈夫?ソフトウェア資産管理のポイントをご紹介

次へ

「段階的」が成功のカギ!無理のないデバイス制限をはじめよう!