最新のセキュリティと脅威動向を解説!「Security Days Spring」講演レポート


皆さん、はじめまして。最近、新入社員こっぺに押され気味...ディー・オー・エスのセミナー・メルマガ担当、山本と申します。
今回は2月16日(金)、23日(金)と福岡・名古屋で開催されたナノオプト・メディア主催「Security Days Spring」でのセミナー講演についてレポートしたいと思います。

sd1.png

「Security Days Spring」とは

"最新のセキュリティと脅威動向を解説"というテーマで、2月から3月にかけて、福岡・名古屋・大阪・東京の4都市で開催されるセミナーメインのイベントです。

昨年に続き、今年は福岡・名古屋の2か所で、セミナー講演させていただきました!

講演は、当社のようなソフトウェアメーカーに限らず、大学教授からセキュリティ委員会の代表理事、法律事務所の弁護士(!)など、セキュリティのあらゆるスペシャリスト達が登壇。

1日参加すれば、セキュリティの最新動向に詳しくなれること間違いなしのイベントです。

sd2.png

(名古屋では次世代自動運転やブロックチェーン、IoTのカンファレンスも同時開催。)

当社ディー・オー・エスは、セキュリティの基本となる「IT資産管理の重要性」を講演!

「~WannaCryから働き方改革まで~ITトピックからみるIT資産管理の重要性」と題し、名だたる講演者様が揃うなか、大変恐縮ながら私山本が講演させていただきました。

sd3.png

(山本は東京勤務なので、いつも福岡・名古屋出張が楽しみです。)

現在、情報システムご担当者様には、VR・AI・IoTなどの最新ICT技術の活用、そしてWannaCryなどのランサムウェア対策、働き方改革など、様々なミッションがあります。まずはそのミッションを遂行するための参考として、これまでのITトピックを振り返りながら、基盤となる「IT資産管理の重要性」をご紹介しました。

そして今、その重要性に改めて気づき始めた方が、自社のIT資産管理を見直す動きも活発になってきていること、さらに、正確なIT資産管理をおこなうためには専用ソフトの導入が必要であることをお話ししました。

実は、セキュリティ対策としても、働き方改革(主に長時間労働の是正)としても、IT資産管理は大いに役立てていただけるんですよ!

どんなに素晴らしいセキュリティ製品も、土台となるIT資産管理がおろそかになっていたら元も子もありません。まずはIT資産管理の見直しをしてほしい!その熱い気持ちを、セミナーでは精一杯お伝えしました。
皆さんに少しでも伝わっているといいな...。

●本セミナー内容に関するお問い合わせ、セミナー資料請求はこちら
●【特集記事】なぜ "今" IT資産管理を見直す企業が多いのかはこちら

sd4.png

(特に福岡は満員御礼!ありがとうございます涙)

「IT資産管理」機能で選ぶなら、SS1(エスエスワン)!

皆さん、IT資産管理ソフト「SS1」をご存知ですか?
今回のセミナーでも簡単にご紹介させていただいたSS1は、PCやサーバーなどのIT機器の管理・メンテナンスからセキュリティ対策、ログ取得まで幅広い課題解決を実現するパッケージソフトウェアです。

世の中には同様のソフトが数多く存在しますが、SS1は充実した「IT資産管理」機能に定評があります。不要なオプション機能を購入することなく、シンプルにIT資産管理からスタートできる点も嬉しい特徴です。もちろん、その分無駄なコストがかかりません。

「専用ソフトは導入費用もかかるし、Excel管理で十分かな...」と思っていた方、「SS1?はじめて聞いたかも...」という方、一度今回のようなセミナーや展示会へ参加して、SS1を直接ご覧になってみませんか?

IMG_7486.png

(SS1の特徴は大きく4つ。他社とは違う独自の機能や価格体系が人気で、導入実績も豊富です。)

●SS1の機能一覧はこちら
●豊富な導入実績の紹介はこちら
●特徴をご紹介したオンラインセミナーはこちら

Security Days Springのディー・オー・エスセミナーにご参加いただいた皆さん、当日はお忙しいところ誠にありがとうございました。

当社では、今後も様々なセミナーでの講演、展示会出展を予定しております。皆さんのご参加を心よりお待ちしております!

前へ

「段階的」が成功のカギ!無理のないデバイス制限をはじめよう!

次へ

リード エグジビション ジャパン主催「第2回関西情報セキュリティEXPO」出展レポート