【更新】「IT資産管理」でできる、「働き方改革」の推進とは?


「働き方改革」は、「一億総活躍社会の実現」にむけた取り組みとして2016年9月に政府から提唱されました。「労働生産性の向上」が日本社会共通のテーマとなっております。
今回はそんな働き方改革の課題と、企業の働き方改革をサポートするIT資産管理ソフト「SS1」の活用方法をご紹介します。

tips01.jpg

働き方改革の課題

働き方改革の取り組みでまず思い浮かぶのが「長時間労働の是正」ではないでしょうか。日本は世界各国と比較して労働時間が長いといわれております。しかしながら、GDP(国内総生産)は依然として低い結果となっております。
その理由のひとつに、「長時間労働(残業の増加)」→「疲労の蓄積」→「生産性の低下」という悪循環が生まれていることが考えられます。働き方改革の推進で、ただ単に残業を禁止し労働時間を短くするだけでは「負担が大きくなった!持ち帰って家で仕事をするしかない!」と社員からの不満も高まることになってしまいます。

そうならないためにも、残業は事前申請制として無断残業を抑制することにあわせ、会議時間の削減・業務フローの見直し・ITの推進による省力化など、業務のムダを洗い出し、これまでの「仕事の仕方」を見直すことが最重要事項となります。

workstyle00.png

また、ICT(情報通信技術)を活用して、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方として「テレワーク」も注目されています。
テレワークを実施するにあたり、セキュリティ対策も欠かすことはできません。社内PCを持ち出して使用する場合には、USBメモリなどのデバイスや、ソフトウェアの使用制限、Webサービスの使用制限などをおこない、重要なデータの持ち出し防止や社内ネットワークにウィルスを持ち込ませないといった対策が必要です。

IT資産管理ソフト「SS1」で働き方改革をサポート!

≪SS1でできる「働き方改革」の例≫

Ⅰ.PCの使用時間を制限
Ⅱ.業務時間外のPC稼働状況を把握
Ⅲ.PCのログオン/ログオフデータの活用
Ⅳ.業務の生産性向上
番外編.テレワーク支援

Ⅰ.PCの使用時間を制限

SS1では、PCのデスクトップ上にメッセージを表示させて、残業申請の提出や作業終了を促したり、勤務時間外のPC使用を制限することで長時間労働を是正できます。
さらにオプション機能のワークフローを利用することで、残業申請の提出、承認を効率化することが可能です。

ver10_hatarakikata00.png

使用者自身でPCが使える時間を延長する設定も可能です。急ぎの作業が発生し、やむを得ず残業しなければならない場合などでも、上長承認なしで使用時間を延長できます。延長時間や申請内容などは、ログで確認できるので、残業理由の確認も簡単です。
※本機能は「SS1 ver.10」で搭載予定です

Ⅱ.業務時間外のPC稼働状況を把握

SS1のログレポート機能では、PC別や日別での稼働時間、ユーザー別でのログオン時間を確認できます。休日や深夜など、業務時間外にPC利用があれば背景色が変更されるなど、チェックすべきPCを一目で確認できます。稼働平均時間での比較や、稼働率の高いPCのトップ5を確認することもできるので、業務外・休日利用の多いPC、部署などの状況把握が可能です。

logrepo00.png

Ⅲ.PCのログオン/ログオフデータの活用

SS1では、PCのログオン/ログオフデータのCSV出力も可能です。既存の勤怠システムとデータを突合し、無断残業などの勤怠違反をしていないか調査することにも活用できます。

workstyle03.png

Ⅳ.業務の生産性向上

SS1で取得したログを確認することで、業務に関係のないWebサイト閲覧や、ゲーム・チャットツールなどを使用していないかといった状況の把握が可能です。さらに、業務の妨げとなるようなWebサイトの閲覧やソフトウェアの使用を禁止し、業務中のムダを洗い出して是正することができます。業務に集中できる環境を作り上げ、生産性の向上につなげられます。

workstyle02.png

テレワークに欠かせないセキュリティ対策も、SS1で実施可能!

さらに、「SS1 ver.10」ではVPN環境にないテレワーク端末などでも、インターネット経由で管理することができます。USBメモリやオンラインストレージの使用、危険なソフトウェアの使用を制限するといったセキュリティ対策も可能です。働き方改革の推進にご利用いただけるSS1についてご興味もっていただけましたら、下記よりぜひお気軽にご相談ください。

●SS1に関するお問い合わせはこちら
●働き方改革をサポートする「SS1 ver.10」新機能の紹介はこちら

前へ

【株式会社ハイパー様】IT資産管理ソフト「SS1」導入事例インタビュー

次へ

「Macだから安心」は禁物。Windows同様にしっかり管理しましょう!