ニューノーマルを支えるIT資産管理ソフト「SS1」の最新版、「ver.12」の新機能をご紹介!


IT資産管理ソフト「System Support best1SS1)」の最新版、「SS1 ver.12」に搭載する新機能を発表しました。ver.12では、テレワークの普及に伴い顕在化した、セキュリティや労務管理上のリスク対策として活用できる新機能を多数搭載します。
今回は、最新版「SS1 ver.12」新機能のポイントをご紹介いたします。

ss1v12_top.png

タイムカード機能で簡単に勤務時間を把握

使用者がSS1エージェントからタイムカードを起動し、業務開始/終了や休憩開始/終了の打刻がおこなえます。また、管理対象機器に対し、任意のメッセージを配信したり、画面キャプチャを取得するといった機能を備えるため、在席確認にも活用できます。

ss1v12_img01.png

勤務時間/PC稼働時間/ソフトウェア使用状況をレポートで迅速に確認

ユーザーごとにSS1で取得した勤務時間/PC稼働時間/ソフトウェア使用状況をログレポートの一画面で把握できます。勤務時間とPC使用時間の乖離や、ソフトウェア使用状況との突合が容易におこなえます。

ss1v12_img02.png

管理対象機器の稼働状況を簡単に把握

SS1の機器情報一覧画面において、管理対象機器が稼働しているかどうかといった現状を把握できます。稼働判定については、タイムカードの出勤打刻・Ping応答時間・機器情報収集時間など、さまざまな条件を設定することが可能です。

ss1v12_img03.png

機器のセキュリティ診断を自動実行し、持ち出し時などのリスクを低減

管理者がセキュリティポリシーをもとに、更新プログラム適用の有無といった任意の診断項目を設定し、NG項目を含む機器を自動抽出します。テレワーク用など、社外に持ち出す機器のセキュリティチェックや、日々のポリシー遵守状況確認に役立てることができます。

ss1v12_img04.png

セキュリティ診断の結果をサマリー表示

セキュリティ診断の結果は、診断状況一覧画面やSS1の日報画面から確認できます。日々の状況を簡単に確認することができるので、セキュリティレベルの維持に役立ちます。

ss1v12_img05.png

インターネット経由でのリモートコントロールに対応

VPNのない環境でも、管理対象機器に対してインターネット経由でリモートコントロールすることが可能となります。画面共有しての操作や、接続先とのファイルのやり取り、描画など、さまざまな機能を備えます。

ss1v12_img06.png

ニューノーマルを支える「SS1」

以上が、SS1 ver.12で搭載予定の新機能となります。今後も皆様にご活用いただけるよう、SS1は進化を続けます。SS1の最新情報や詳しい資料のご請求は下記よりお問い合わせください。
●SS1に関するお問い合わせはこちら

また、SS1の詳細な機能や価格は下記もあわせてご覧ください。
●「SS1」の機能一覧はこちら
●「SS1」の価格体系はこちら

※新機能はリリース前の情報を含みます。
 リリースについての情報は保守契約ユーザー様専用サイト「CLUB SS1」のロードマップをご確認ください。

前へ

【もしもIT資産管理ソフトがあったなら:第4話】増加したヘルプデスク業務・インシデント管理にどう対応する?

次へ

隠れOffice 2010利用を探せ!適切なライセンス管理で移行漏れを防ごう