ニューノーマルを支えるIT資産管理ソフト「SS1」の最新版、「ver.13」の新機能をご紹介!


来春以降にリリース予定のIT資産管理ソフト「System Support best1(SS1)」の最新版、「SS1 ver.13」に搭載する新機能を発表しました。ver.13では、Microsoft 365やTeamsのセキュアな運用を支援する新機能を追加。さらに、テレワーク時のセキュリティ管理や、労務管理を効率化する機能も強化します。
今回は、最新版「SS1 ver.13」新機能のポイントをご紹介いたします。

ss1_v13_top.png

Microsoft 365の使用状況を可視化

組織内のユーザーがどのようにMicrosoft 365を使用しているのか可視化します。また保有しているライセンスの割当やサインイン状況に加え、Teams内のチームやファイル共有状況も把握でき、情報漏洩やコンプライアンスの低下といったさまざまなリスクに備えることができます。

ss1v13_img01.png

Teamsの使用状況を把握し、他のログとも一元管理

Teamsにおける組織内のチームやチャネルの一覧、メンバー数といった使用状況や、ゲストユーザーの有無、チームごとのログ発生件数の推移といった情報を把握でき、チームの乱立抑止やその是正に役立ちます。

ss1v13_img02.png

さらに、Teams上でおこなわれたファイルアクセス、アップロード/ダウンロードなどのログを取得し、SS1の画面上で確認できます。SS1で取得した他の操作ログと一元管理することで、不審な操作を確認・追跡することが可能です。

ss1v13_img03.png

テレワーク端末のセキュリティ管理を効率化

ネットワーク接続毎に予めポリシーを設定しておくことで、接続先に応じて自動でポリシーを変更します。
例えば、社内ネットワーク接続時のみUSBデバイスの使用を許可したり、インターネット接続時に大容量ファイルの取得を制限したりと柔軟な設定をおこない、ポリシー変更を自動化することで、テレワーク時の持ち出し機器における管理効率向上とセキュリティ強化を実現します。

ss1v12_img04.png

BitLocker設定管理機能を強化

SS1で管理対象機器のBitLocker設定を一元管理できます。暗号化設定の強制適用や、使用者が無断で暗号化設定を解除することを防ぎ、社外へ持ち出す機器をセキュアな状態に維持します。

ss1v12_img05.png

Windows Defenderの運用を効率化

SS1でWindows Defenderの集中管理をおこなえるようになります。スキャン実行スケジュールの一括管理や、最終スキャン日時の確認、定義ファイルの更新がおこなわれていない機器の検出が可能になり、セキュリティ対策の徹底に活用できます。

ss1v12_img06.png

その他にも多数の機能を強化

■Mac端末の稼働状況把握
Mac端末における電源ON/OFFやログオン/ログオフ情報の取得に対応。
Windows OSやMacが混在する環境下でもPC稼働状況を把握でき、労務管理などに役立ちます。

■インシデント情報の双方向化
インシデント情報登録や、過去のインシデント検索が使用者側からも可能に。
インシデント情報を共有し有効に活用することで、ヘルプデスク業務を効率化できます。

■ログの一括検索
SS1の管理画面上で、PC操作やWeb閲覧などさまざまなログの一括検索が可能に。
時間帯や検索対象とするログ、操作時のネットワーク接続状況の指定もできるので、必要なログを迅速に抽出できます。

ニューノーマルを支える「SS1」

今回は「SS1 ver.13」で搭載予定の新機能のポイントをご紹介しました。今後も皆様にご活用いただけるよう、SS1は進化を続けます。SS1の最新情報や詳しい資料のご請求は下記よりお問い合わせください。
●SS1に関するお問い合わせはこちら

また、SS1の詳細な機能や価格は下記もあわせてご覧ください。
●「SS1」の機能一覧はこちら
●「SS1」の価格体系はこちら

※新機能はリリース前の情報を含みます。
 リリースについての情報は保守契約ユーザー様専用サイト「CLUB SS1のロードマップをご確認ください。

前へ

【ニュースリリース】SS1が、IT資産管理製品カテゴリーにおいて顧客満足度No.1を獲得しました──ITreivew カテゴリーレポート2021 Fall

次へ

Teamsの管理・運用でお悩みの方へ IT資産管理ソフトSS1で実現する管理方法をご紹介!