SaaS型IT資産管理ソフトのメリット&導入時に気を付けるべきポイント


DXや働き方改革の普及とともに、既存のオンプレミスサーバーで運用していた各種システムの「クラウド化」を進める企業が増えてきています。
なかでもソフトウェアをクラウド上で提供するSaaS(Software as a Service)型サービスの広まりは著しく、「社内システムの新規導入/入替をおこなう場合には、とりあえずクラウドサービスを検討してみる」という声もよく聞かれます。

他方で、ハイブリッドワークの一般化によって、テレワーク端末のセキュリティ対策や従業員の労務管理にも活用できる「IT資産管理」の重要性が近年広く知られるようになりました。
IT環境が大きく変わる中で既存のExcel管理の限界を悟り、この機会にIT資産管理の専用ソフトの導入を考える情シス担当者も多いのではないでしょうか。

実はいま、これら二つの背景からSaaS型IT資産管理ソフトの需要が高まっています。

そこで今回は、SaaS型IT資産管理ソフトのメリットと、導入時に気を付けるべきポイントについてご紹介します。

SaaS型IT資産管理ソフトのメリットをご紹介

「クラウド化」のメリット

そもそも「クラウド(クラウド・コンピューティング/クラウドサービス)」とは、インターネットを経由して利用者にサービスを提供する形態のことを指します。
クラウドはSaaS/IaaS(Infrastructure as a Service)/PaaS(Platform as a Service)という3つに大別され、今では大手や中小といった企業規模を問わず、日本中で浸透しているサービス形態であると言えるでしょう。
そんな「クラウド化」のメリットについて、ここでは大きく3点をご紹介します。

【「クラウド化」 3つのメリット】
1.初期費用・維持費用を削減できる
2.サーバーの管理・運用工数が不要
3.短期間で導入できる

1.初期費用・維持費用を削減できる

「クラウド化」をおこなうことで、オンプレミスシステムに比べ初期の導入費用や維持費用を削減することができます。

オンプレミスシステムを導入する場合、利用時における最大容量を考慮に入れて構築する必要がある関係上、どうしても初期段階ではオーバースペックになりがちです。そのため初期費用も割高になる傾向にあります。
また自社でサーバーを保有することによって、当然運用のための費用も発生します。単純な運用保守コスト以外にも、設備費や動力費、運用のための人件費など、オンプレミスシステムを維持するのに必要な費目をあげるとキリがありません。

その点、クラウドはすでに用意されているサーバーから必要な分のみリソースを借りることが可能です。よって初期構築の手間がかからないことから価格も安く、使わないリソースにお金を支払う必要がないため運用費における無駄も削減できます。
維持に必要な諸経費についてもほかのサーバー利用者と共同で負担することになりますので、自社でサーバーを保有するオンプレミス形態と比較するとお得になるケースがほとんどです。

サーバーの維持にかかるコストに頭を悩ませている企業にとっては、とても魅力的なメリットでしょう。

2.サーバーの管理・運用工数が不要

「クラウド化」には、運用工数の面においても大きな利点があります。

「クラウド化」すれば、サーバー管理をすべてサービス提供元のベンダーに任せることができるため、社内で保守・運用作業をおこなう必要がなくなります。それによって、今までサーバー運用をおこなっていた担当者の負担軽減につながり、空いた手をほかのコア業務に回せるという効果も得られます。

そのほかにも、地震・停電などの災害時におけるデータ消失リスクやマルウェア攻撃といったセキュリティリスクへの対策もベンダーに一任することができます。サービス導入時に合意したSLA(Service Level Agreement)に則った品質保証が受けられるので、条件によっては自社でリスク対策をおこなうよりも安全な体制をとることも可能です。

冒頭で「DXの普及とともにクラウド化が進んだ」という旨をお伝えしましたが、こちらのメリットがその根拠にあたります。
有能なIT人材のリソースが不可欠なDX推進において「情報システム担当者のノンコア業務の削減」は重要なポイントであるため、企業による業務システムのクラウド化の気運が急速に高まったのには、こういった背景もあるのです。

3.短期間で導入できる

オンプレミスシステムの導入をおこなう際には、運用設計などの準備期間がどうしても必要になるものです。
しかしクラウドであれば、インターネット経由でアクセスするだけですぐにサービスの利用を開始できるので、導入までの期間を大幅に短縮することが可能になります。

事業運営におけるスピード感が求められ、かつサーバーの保守運用などをおこなえる人材が不足しているスタートアップ企業などにとっては、特に嬉しいポイントと言えるでしょう。

SaaS型IT資産管理ソフトのメリット

前項まで、「クラウド化」に関する一般的なメリットを列挙してきました。
では、数あるソフトウェアの中でも特に「IT資産管理ソフト」をクラウド利用するメリットとはなんなのでしょうか。

それは、「インターネット経由での機器情報収集/ログ情報収集が可能になる」ということです。

コロナ禍をきっかけとしてテレワーク制度が一般化してきた昨今において、もはや「PC端末は社内にあり、必ず企業側が用意したネットワークにつながっているものである」という以前までの不文律は完全に崩れてしまいました。
現状、テレワーク環境を構築するにあたり、多くの企業ではVPNを活用したネットワーク構成が採用されています。しかし持ち出しPCの利用環境によっては、社内LANにもVPNにも接続されていない端末が一定数存在してしまうケースも珍しくありません。

こうした「インターネットにしか接続されていない」端末はIT資産管理下から外れている場合も多いため、機器台帳の正確性やセキュリティ対策の有効性を著しく低下させ、放置してしまうと重大なインシデントを誘発する恐れがあります。

ですが、インターネット経由での情報収集が可能なSaaS型のIT資産管理ソフトであれば、インターネットに接続されていさえすれば社内のPCと同様に社外PCも一元管理できるようになりますので、テレワーク端末からの情報漏洩や機器台帳更新漏れのリスクを回避することが可能です。
働き方改革の推進やハイブリッドワークの環境づくりという観点において、これは大きな利点になります。

サーバーの初期/保守費用や運用工数の削減といった前述のメリットとあわせると、IT資産管理ソフトのクラウド化は運用担当者にとっては良いこと尽くしであるようにみえます。
これらの理由から、いま多くの企業がIT資産管理ソフトのクラウド化を検討し、情報収集をおこなっているようです。

SaaS型IT資産管理ソフトの導入時に気を付けるべきポイント

ここまで、SaaS型IT資産管理ソフト導入におけるメリットを数多くご紹介してきました。しかし、実際に導入を決定する際には「本当に自社にとって良いことばかりなのか」を注意深く吟味することが必要です。

例えば、前項で「クラウド化」のメリットの1つとして「初期費用・維持費用の削減」について解説しましたが、実は必ずしも全ての条件においてこれが達成されるとは限りません。
SaaS型IT資産管理ソフトにおいては、基本的に管理台数が多ければ多いほどコストメリットが少なくなると言われています。導入時の初期費用や導入後数年の費用が数値上安く見えたとしても、長く使い続けるにつれて割高になってしまうケースがあるのです。

SaaS型IT資産管理ソフトを導入する際には、少なくとも導入後5年間分の費用を試算し、オンプレミス型と比較することを推奨します。

また、サーバー管理の手離れを望むだけであれば、サーバーのみクラウド化し、そこに購入したIT資産管理ソフトをインストールして運用する方法もあります。
サーバーのみAWSでクラウド化し、Amazon ELBを活用してインターネット収集を実現した事例については、下記の記事をご覧ください。
●【株式会社バンダイナムコホールディングス様】IT資産管理ソフト「SS1」導入事例インタビュー

継続利用を見越した費用を含め、手軽に利用できるSaaS型かサーバーのみのクラウド化か、自社環境を活かしたオンプレミス型とするか、きちんと目的を整理したうえで最適な手段を検討しましょう。

まとめ

SaaS型IT資産管理ソフトのメリットと、導入時における注意点についてご紹介しました。

業務システムの「クラウド化」には多くの魅力があり、既存システムからの乗り換えを検討されるのであればたいへんおすすめです。
しかし「クラウド化」はあくまでも手段であり、目的は導入するシステムの種類や各社の課題によって変わってきます。「なんのために導入するのか」「課題をどのように解決できるのか」ということを常に考えながら、慎重にサービス選定をおこないましょう。

ちなみに当社の提供するIT資産管理ソフトSS1は、SaaS型/オンプレミス型のどちらも対応できるうえ、サーバーのみのクラウド化についても「Microsoft Azure」や「AWS」などによる構築実績を多数保有しています。
さらに、オンプレミス型のサーバーでもインターネット経由で情報収集ができる仕組みをご用意しておりますので、さまざまな環境に適応したネットワーク構成のご提案も可能です。

「自社の運用に適したサービス提供形態はどれなのか」「やりたい運用がきちんとおこなえるのか」についてお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

●SS1に関するお問い合わせはこちら

前へ

「IE」サポート終了したらどうなる?どうする?情シスが押さえておくべきこととは

次へ

宝塚にサテライトオフィスを開設!より柔軟な働き方を実現